/MD, /MT, /LD (Use Run-Time Library)

VC++ のオプション /MT を使うと、ランタイムがスタティックリンクされ、Visual C++ 再頒布可能パッケージ がインストールされていない環境でも動作させることが期待できる。
しかし、メモリリークが発生するそうだ。丸投げだが、下のエントリに詳しく解説されている。

本の虫: MSVCのランタイムとスレッドとリソースリークの関係

シングルスレッド限定ならば、問題ないということだろうか。
まあ、Visual C++ 再頒布可能パッケージ は遅かれ早かれインストールするものだし、CLR を利用するためには /MD を使わざるを得ない。/MT に拘る理由はない。