日本語の情報が少ないようなので、備忘録も兼ねて手順を書いておこうと思う。
環境は、Windows 7 SP1 x64 である。

  1. MSYS のインストールを行う。
  2. MinGW – Minimalist GNU for Windows – Browse /Installer/mingw-get at SourceForge.net
    から、mingw-get をダウンロードしてきて、インストールする。
    MinGW は後で別のものを導入するので、MSYS Basic System にだけチェックを入れておけばよい。
    デフォルトで C:\MinGW にインストールされるはずである。
    スタートメニューに [MinGW]-[MinGW shell] が作成されているはずなので、選択すると MSYS が立ち上がる。

  3. 環境を最新に更新する。
  4. $ mingw-get update
    $ mingw-get upgrade
    
  5. mintty をインストールする。
  6. これは必須ではないが、コピペが楽になる(マウスカーソル選択でコピー、マウス中クリックでペースト)。

    $ mingw-get install msys-mintty
    

    MinGW shell ショートカットのプロパティを開き、リンク先に –mintty を追加する。

    C:\MinGW\msys\1.0\msys.bat --mintty
    
  7. MinGW をインストールする。
  8. TDM-GCC から、Bundle Installer をダウンロードしてきて実行する。
    32 bit 版は 32 bit プログラムのみをサポートし、64 bit 版は、32 bit と 64 bit の両方のプログラムをサポートする。
    インストール先は、C:\MinGW にしないように注意!
    その理由は、ここに書いてある。
    デフォルトで C:\MinGW64 または C:\MinGW32 である。このまま特に変える必要はないと思う。
    インストールが完了したら、/etc/fstab を編集し、MinGW のインストール先が /mingw になるように指定する。
    編集後、設定を反映させるため、MSYS を再起動させる。
    追記: /etc/fstab を編集する必要はない。編集すると、mingw-get が使えなくなる。

  9. GCC が正しく実行できるか確認する。
  10. $ gcc -v
    Using built-in specs.
    COLLECT_GCC=c:\MinGW64\bin\gcc.exe
    COLLECT_LTO_WRAPPER=c:/mingw64/bin/../libexec/gcc/x86_64-w64-mingw32/4.6.1/lto-wrapper.exe
    Target: x86_64-w64-mingw32
    Configured with: ../../src/gcc-4.6.1/configure --build=x86_64-w64-mingw32 --enable-targets=all --enable-languages=c,c++,fortran,objc,obj-c++ --enable-libgomp --enable-lto --enable-libstdcxx-debug --enable-version-specific-runtime-libs --enable-fully-dynamic-string --with-gnu-ld --disable-werror --disable-nls --disable-win32-registry --prefix=/mingw64tdm --with-local-prefix=/mingw64tdm --with-pkgversion=tdm64-1 --with-bugurl=http://tdm-gcc.tdragon.net/bugs
    Thread model: win32
    gcc version 4.6.1 (tdm64-1)
    

    64 bit 版をインストールしている場合は、-m32 で 32 bit、-m64 で 64 bit のバイナリを作成することができる。

    hello.c

    #include<stdio.h>
    
    int main(void)
    {
        printf("Hello, GCC!\n");
        return 0;
    }
    
    $ gcc -m32 hello.c -o hello32
    $ gcc -m64 hello.c -o hello64
    $ hello32
    Hello, GCC!
    $ hello64
    Hello, GCC!
    
  11. GDC をインストールする。
  12. goshawk / gdc / downloads – Bitbucket に複数のバージョンのファイルが置いてある。
    なるべく新しいものを探し、32/64 bit 版を選択する。
    ダウンロードできたら、 MinGW のインストールフォルダ (C:\MinGW64 or C:\MinGW32) に展開する。

  13. GDC が正しく導入されたか確認する。
  14. $ gdc -v
    Using built-in specs.
    COLLECT_GCC=c:\MinGW64\bin\gdc.exe
    COLLECT_LTO_WRAPPER=c:/mingw64/bin/../libexec/gcc/x86_64-w64-mingw32/4.6.1/lto-wrapper.exe
    Target: x86_64-w64-mingw32
    Configured with: ../gcc-4.6.1/configure --build=x86_64-w64-mingw32 --enable-targets=all --enable-languages=c,d --enable-libgomp --enable-lto --enable-libstdcxx-debug --enable-version-specific-runtime-libs --enable-fully-dynamic-string --with-gnu-ld --disable-werror --disable-nls --disable-win32-registry --prefix=/crossdev/MinGW64/ --with-local-prefix=/crossdev/MinGW64/ --with-pkgversion=tdm64-1 --with-bugurl=https://bitbucket.org/goshawk/gdc/issues --disable-bootstrap
    Thread model: win32
    gcc version 4.6.1 20110627 (gdc hg r756:9b13d778b224(default), using dmd 1.072/2.057) (tdm64-1)
    

    デフォルトで D1 コンパイラが使用され、-v2 で D2 コンパイラを使用することができる。

    hello.d

    import std.stdio;
    
    int main()
    {
        writef("Hello, GDC!\n");
        return 0;
    }
    
    $ gdc -m32 hello.d -o hello32d1
    $ gdc -m32 -v2 hello.d -o hello32d2
    $ gdc -m64 hello.d -o hello64d1
    $ gdc -m64 -v2 hello.d -o hello64d2
    
    $ hello32d1
    Hello, GDC!
    $ hello32d2
    Hello, GDC!
    $ hello64d1
    Hello, GDC!
    $ hello64d2
    Hello, GDC!
    

以上である。
C:\MinGW と C:\MinGW64 (あるいは C:\MinGW32) のよく似た名前のフォルダがふたつ作られることになって、ちょっと気持ち悪いかもしれない。

【参考】

現在のmingw/msysのインストール方法 – ラシウラ
goshawk / gdc / downloads – Bitbucket
D.gnu – Release: GCC 4.6.1 GDC 1.072/2.057
TDM-GCC
MinGWでのGDCビルド手順
goshawk / gdc / issues / #160 – D2, std.stdio and MinGW – Bitbucket
gdcのビルドスクリプト – hiroのコンピューターライフ