公式ページ に書いてある通りで、
cvs から最新のソースコードを落としてきて、cmake し、make && make install。
それだけと言えば、それだけ。

$ cvs -d :pserver:anoncvs@www.gccxml.org:/cvsroot/GCC_XML login
(パスワードを聞かれるので enter) 
$ cvs -d :pserver:anoncvs@www.gccxml.org:/cvsroot/GCC_XML co gccxml 
$ mkdir gccxml-build
$ cd gccxml-build
$ cmake -G "MSYS Makefiles" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local ../gccxml
$ make
$ make install

cmake は -G “Unix Makefiles” と何が異なるのかよくわからない。

テストしてみる。

test.hpp

class TestClass
{
public:
    TestClass();
    virtual ~TestClass();
    int * GetA(void);
    void SetA(int * a);
	
private:
    int *_a;
};
$ gccxml -fxml=test.xml test.hpp

さて、これを何に使うかだが…。