つバランス化した DH297-A1DR の音が軽く、少々不満を感じていたのですが、容易に改善できる可能性に気付き、再び改造を行いました。

ここに書いてあることを真似して、困ったことになっても私は一切責任を取りません。メーカーの保証が受けられなくなります。もしかしたら、作業で怪我をしたり、器物が壊れたりするかもしれません。何が起きても自己責任でお願いします。

前回、バランス化改造を行った DH297-A1DR は、スカスカと言ってよいほど音が軽く感じられました。慣れれば気にならなくなるのですが、他のヘッドホンを使ったあとに再び聴くと、やはり違和感がありました。特に、スマートフォンで再生するよりも、ヘッドホンアンプを使用することで顕著に感じます。

ふと、一つの仮説が浮かびました。バランス化で強化された駆動力に対して、ドライバの質量が軽量すぎるのでは…?残念ながらバランス化改造前がどうであったか記憶に残っていません。一台しかない物を改造してしまうと比較ができなくて困ります。

ドライバの質量を重くすることは、難しくありません。分解して適当な重りを接着すれば OK です。今回は、接着する代わりに、100 円ショップで購入した、防振粘着マットを貼りつけてみました。

image

image

結果は良好で、スカスカ感が解消し、好きな音に変わりました。わずかに音量が下がった気がしますが、よくわかりません。仮説が正しかったかどうかはわかりませんが、音が良い(と思う)方向に変わったことは事実です。

とりあえず、2 枚重ねにしましたが、どれくらいの量が最適なのかわかりません。試行錯誤して好みで決めればいいでしょう。防振粘着マットは重さに粘着力が負けて取れてしまうことがあります。量が決まったら弱い接着剤で固定すべきかもしれません。

あと、イヤーパッドの向きで微妙に音が変わります。よく観察するとわかりますが、縫い目側が厚く、反対側が薄くなっています。手で回すと向きを変えられるので、音の好みと装着感で決めるとよいと思います。

image

追記(2016/12/22)

人に聴いてもらったところ「これは改善と言えるのかな?」と問いかけられてしまったので、上に書いた改造の効果は、改善ではなく好みの域です。まあ、簡単に試せて、すぐ元に戻せますので。

追記(2016/12/25)

e イヤホンで試聴機を聴いたところ、スカスカ感は皆無でした。余計な改造をして悪化させてしまった可能性があります。何が原因なのか、もう少し考えてみます。

追記(2016/12/27)

結局、上の改造は辞めてしまいました。下手な小細工よりも、ケーブルの違いによる差のほうが大きいと感じたためです。辞めたら辞めたで、今度は以前より良くなった気がしてきました。もはや完全に迷走です。