DAC のラインアウトが XLR(バランス)、ヘッドホンアンプの受けが RCAで、XLR to RCA 変換の必要が出てきました。

image

XLR(メス)-RCA(オス)変換プラグのピン・アサインは、上図の通りです。XLR 1 ピン(GND)と 3 ピン(Cold)が短絡しています。XLR が上流で、RCA が下流のとき、ちょっと困ったことになります。

上流の出力段がトランスであれば何の問題もないのですが、半導体の場合は 1-3 間に電流が生じてしまいます。出力インピーダンスが働くので簡単に故障することはないと思いますが、気持ちが良い物ではありません。

逆に、RCA が上流で XLR が下流ならば、1 ピンと 3 ピンは短絡したほうが望ましいのですが、通常 XLR(メス)が出し側になることはないので、そのようなケースは極めて稀です。

なぜこのようなピン・アサインになっているのかは不明です。

image

分解して 3 ピンを切断するつもりで CLASSIC PRO AXR212 という変換プラグを購入してみました。しかし、筐体が強固でとても分解できません…。2 つ買ったのにショックです…。

もしも同様のことを考えている人がいましたら、別の商品を購入したほうが良いと思われます。あるいは、自作しても良いかもしれません。

参考

XLR-RCA変換プラグ: オーディオショップ店長の日記
http://soundjulia.seesaa.net/article/112254982.html